ベビービオ 〜ゆりかごからオーガニック〜

コラム担当プロフィール
中石真由子
一般社団法人日本ビオホテル協会(BHJ)理事、オーガニックアドバイザー。
長年、不動産業界に在籍し、2008年のリーマンショックをきっかけに、オーガニックの世界へ転向。
2013年にBHJを立ち上げ、BIO=オーガニックでサスティナブルなライフスタイルを日本に普及させるための活動を展開中。
BIO HOTELS JAPAN

ゆりかごからオーガニック

海外に行くと、スーパーマーケットや食料品店を巡るのは楽しいです。
私も仕事柄、オーガニック製品をいろいろチェックしながら、豊富な種類やアイテムを目の前にいつも気分が上がります。
日本と比較すると、オーガニックベビーフードが当たり前にたくさん揃っている様子も特徴的。
まさに「ゆりかごからオーガニック」を実現できる環境があるのだなあと感慨深くなります。

オーガニックベビーフードのブランド“babybio(ベビービオ)”

写真は、フランスのオーガニックスーパーのベビーフードコーナー。
babybio(ベビービオ)というブランドの製品がたくさん並んでいます。

(ベビービオ)は、
1996年、フランスで最初にオーガニック乳児用ミルクを開発したブランド。
20年以上にわたり、高品質のオーガニック食材から作られた乳幼児向けの食品を提供し、フランスをはじめ、ヨーロッパ中で愛されています。
フランスでは、ほとんどのオーガニックストアの棚には、必ず展開されています。

それにしても、babybio(ベビービオ)とは、なんとも名前がいいですね。

babybio(ベビービオ)の考え方

babybio(ベビービオ)は、オーガニック乳児用ミルクのスペシャリストとして、赤ちゃんの未来のために、有機栽培された野菜や果物、穀物を使い、栄養価の高い乳幼児向けのオーガニック食品をフランス国内で企画・製造しています。

製品づくりの基準

1. オーガニック食材を使用した本格的な食品であること
2. 家庭での手づくりに近いレシピで製造すること
3. 原料は、主にフランス及びその他近隣諸国(スペイン、イタリアなど)のものを使用すること
4. 原料の産地を厳選し、地元の生産者を大切にすること
5. 地域の活性化と雇用に貢献すること
6. 消費者への透明性を高めるために、原材料の原産地を公開すること
7. 環境に配慮したパッケージを使用すること

babybio(ベビービオ)の本国フランスでの取り組み

babybio(ベビービオ)は、製品が環境に与える影響を軽減するために、12のオーガニックブランドとチームを組み、オーガニックストアに回収ポイントを設け、プラスチック包装の全国的なリサイクルプログラムを推進しています。
現在、回収ポイントは、600以上。
楽しくリサイクルができる仕組みです。

babybio(ベビービオ)の製品の特徴

babybio(ベビービオ)は、味覚の重要性を考え、「手作り」に限りなく近づけることを目指して開発された製品です。
babybio(ベビービオ)を選ぶということは、高品質のベビー用品を選ぶということだといえます。

原材料の約束事

・遺伝子組換え作物の不使用
・オーガニック原材料の使用
・化学調味料不使用
・保存料不使用
・人工香料不使用
・着色料不使用
・増粘剤不使用

乳児用規格適用食品であること

食品中の放射性物質の基準値として、1歳未満のお子様対象の乳児用食品には一般食品より低い基準値(50Bq/kg)が適用されています。
その基準を満たした乳児対象食品には『乳児用規格適用食品』表示が表記されます。

babybio(ベビービオ)の製品群と取り扱い商品

乳児用のミルク、ベビーフードとして野菜ペーストやフルーツペースト、スムージーやシリアル、ビスケットなど、生後4ヶ月、6ヶ月、8ヶ月、10ヶ月、12ヶ月、3歳以上向けの製品がラインナップされています。
日本では、フランスで特に人気の高いスムージーとビスケットを取り扱っています。

MITOKUとbabybio(ベビービオ)の出会い、取り扱いのきっかけ

MITOKUのご担当者にbabybio(ベビービオ)の出会いについてインタビューしてみました。

「4年前にベビービオをスタートしたのは、私の長女がきっかけの一つでした。
私の長女(現在5歳)は生まれた時から食が細く、生後5~6か月経って離乳食がはじまってもほとんど口にしませんでした。
妻は出汁や素材に気を配り、一生懸命手作りしていましたが、一日にミニトマト2、3個だけしか食べない日も…。

そんな時、ドイツのオーガニック展示会“BIOFACH”でベビービオの担当者と、長女の食の話をしたところ、ベビースムージーのサンプルをいただいたのです。
「これは全ての子どもが大好きだから!」と。

帰国後に食べさせてみると、一口確かめるように、そして味わった後は、一気飲みでした。
これには夫婦で驚きました。
ベビースムージーに救われた・・と正直な気持ちでした。
きっとこのようなお子さんはたくさんいるはずです。
それによって多くの親が悩んでいるのだと思います。

周りを見れば、添加物たっぷりのジュースやジュレ、スムージーは、たくさんのメーカーが出しています。
食事や補食の一部になるような品質のものはありませんでした。
仕方なく与えるものであって、積極的に与えたいものではないと。

ベビービオのスムージーは、野菜やフルーツのみでつくられています。
一般的にイメージする“何かで薄める加工をしている”ものではなく、赤ちゃん、幼児でも安心して食べられるレベルの品質の食品です。
それゆえに、大人が食べても断然、美味しいです。

私も、ベビービオ ベビースムージーでこれまで何度も店頭での試食販売を行っていますが、試食したお子さまは、ほぼ完食します。
そして、おかわりをリクエストします。(笑)
「美味しくない」という声は、あまりありませんでした。
ニンジン嫌いなお子さまに、アップル・キャロットを食べさせても、ほとんどのお子さまはしっかり食べます!
ある意味、これこそ“スーパーフード”です。」

babybio(ベビービオ)“ベビースムージー”について

※生後6ヶ月よりお召し上がりいただけます。

【日本での取り扱いは全6種類】

● ベビースムージー アップル・キャロット 90g 281円(税込)

原材料:有機りんご、有機にんじん、有機レモン
詳しくはこちら

● ベビースムージー アップル・スイートポテト 90g 281円(税込)

原材料:有機りんご、有機さつまいも、有機レモン
詳しくはこちら

● ベビースムージー アップル・ストロベリー・バニラ 90g 281円(税込)

原材料:有機りんご、有機いちご、有機バニラ
詳しくはこちら

● ベビースムージー アップル・オレンジ・バナナ 90g 281円(税込)

原材料:有機りんご、有機オレンジ、有機バナナ
詳しくはこちら

● ベビースムージー プルーン 90g 281円(税込)

原材料:有機プルーン
詳しくはこちら

● ベビースムージー キウイ・マンゴー・ココナッツ 90g 281円(税込)

原材料:有機キウイフルーツ、有機マンゴー、有機りんご、有機ココナッツミルク
詳しくはこちら

原材料と美味しさのひみつ
原材料は、フランスを中心に、近隣のヨーロッパ諸国で収穫した物を使用しています。
主原料のリンゴは、フランス南西部アキテーヌ地方産。
この地方のリンゴは、栽培に適した気候・地質に恵まれており、甘くジューシーな味わいです。
なお、甘味料や酸味料をはじめとする添加物は、一切不使用。
小さいお子様から大人の方まで安心してお召し上がりいただけます。
有機野菜と有機果物の素材の良さ、そしてなんといってもブレンドの力。
同じような材料を揃えても、このような味にはならず、やはりプロのレシピの力に魅了されます。
パッケージについて その1
BPA(化学物質 ビスフェノールA)不使用。
乳幼児誤飲防止のため、大きめキャップを採用しています。
キャップのピンクは目立つのでお子様が誤って落としても見つけやすい!
また、キャップ側面にギザギザがないので、小さいお子様が回しにくく、自分で勝手に開けられないようになっています。
パッケージについて その2
パッケージの前面には、野菜や果物のイラストが描かれています。
使用している原材料がすべて載っていますので、イラストを見ながら会話も弾みます。
お子様が食べ物の名前を覚えるきっかけにもなりますね。
こんな時に
  • ・外出先での離乳食として
  • ・お子様のおやつに
  • ・お子様の野菜不足に
  • ・朝食時、ヨーグルトと一緒に
  • ・ヨガやフィットネスの前や合間に
  • ・カロリーを気にする時に
  • ・食欲のない時に
  • ・介護食として
  • ・災害用備蓄食品として

babybio(ベビービオ)“ベビービスケット”について

※生後12ヶ月よりお召し上がりいただけます。

【日本での取り扱いは全2種類】

● プチビスケット ヘーゼルナッツ 160g (2枚入 × 10袋) 702円(税込)

原材料:有機小麦粉、有機砂糖、有機小麦スターチ、有機ヘーゼルナッツパウダー、有機食用ひまわり油、酵母/膨張剤
詳しくはこちら

● プチビスケット レモン 160g (2枚入 × 10袋) 702円(税込)

原材料:有機小麦粉、有機砂糖、有機食用ひまわり油、有機小麦スターチ、酵母、有機レモン果皮油/膨張剤
詳しくはこちら

プチビスケットの特徴
  • 1. 個包装の良さ(1袋2枚入り)
    食べ過ぎの心配がありません。持ち運びにも便利です。
  • 2. ビタミンB1栄養強化
    1袋2枚で、お子様が1日に必要なビタミンB1の3分の1を配合しています。
  • 3. おやつ時間が楽しくなる!
    イメージキャラクターのかわいいうさぎが一つ一つのビスケットに印字されています。
    名前は“ドゥウドゥウ”。フランス語でキュートな人形の意味だそうです。
  • 4. 大人でも、しっかり美味しい
    親と一緒に食べられるビスケットは、お子様も美味しく感じるはずです。
生後12ヶ月の赤ちゃんの試食の様子
ちょうど生まれて12か月の赤ちゃんに試食してもらいました。
以下、お母様から感想メモです。
「なんと言っても見た目がまず可愛いです。さすがフランス!
お味はしっかり小麦の味がして、まるでお隣さんにおすそ分けいただいた手作りクッキーのようでした。娘には、手に持てるように小さくして渡しました。
美味しかったのか催促して、懸命に頬張ろうとしていました!←食い意地が張っています。(笑)」
こんな時に
  • ・外出先での離乳食として
  • ・お子様のおやつに
  • ・食欲のない時に
  • ・栄養を補助したい時に
  • ・介護食として

babybio(ベビービオ)というブランドやその製品を通して、成長の歴史が作られ、たくさんの物語が見えてくるような気がします。
原材料へのこだわりや生産者を大事にする思い、環境配慮への姿勢全てが、子どもが健やかに育つための“ホームメイド(手づくり)主義”に根差したものであると感じ入りました。
それは、きっと私たち大人にも、必要な大切にしたい感覚であることに違いありません。

ページトップへ